〜スイング中のオンプレーンについて、一般的なチェックポイント〜

最近のテレビ中継では高性能のスロー再生の画面が良く出ます。
一度にすべて書くことは難しいのですが、一般的なオンプレーンでのチェックポイントを書き留めます。
スマートフォンやデジカメなどでも自分がそのポジションに比べてどうなっているか見てみるといいです。 今回は後方からのチェックです。

アドレスで出来たシャフトのグリップエンドからまっすぐ引いた仮想ラインがプレーンの基準になります。 教科書的なレッスンでは、この線上から体方向内側スイング中ヘッドは入ることはありません(ここ重要) 。

多くの人はテイクバックの序盤からコックを作るのが遅い、胸だけ回して腕が上がるのが遅いなどでインに入ってしまうという現象が見られます。
チェックは良くいう左手が9時のポジション(テイクバックで左腕が地面と平行になった場所)で、グリップエンド方向が仮想ラインを伸ばしてみてボール方向より自分の体方向に線上があることが大事です(ここ重要)。

多くの人がシャフトがボールより遠くを指している場合があります(寝て上がっているという状態です)。その場合は、シャフトを縦にあげるイメージであげてチェックしてみてください。

名古屋駅でホテルをお探しならキャッスルプラザ
名古屋駅でホテルをお探しならキャッスルプラザがおすすめ。地下街出口のすぐ前に位置し、遠方からお越しの方も分かりやすい立地と雨の日でも困らず安心です。観光やビジネス、宴会、お食事、結婚式にご利用下さい。

そもそもなぜプレーンよりアップライトに上げる必要があるかというと、ダウンに入ったときに脱力して切り返すためヘッドの重みで幾らか地面方向に落ちるからです。
なので切り返したときにちょうどオンプレーンに乗せやすいトップを作ることが大事です。

トップの高さは個人差があります。ダウンスイングに入るときは、先に言ったようにトップで作ったこぶしがわずかに下に落ちてからシャフトがプレーンに乗ってきます。
チェックポイントは左腕が時のポジションでグリップエンド線上をのばしてボールに向かって一直線になっているかです(ここ重要)。
この時点でボールより体方向を向いていればアンダーから入っている、寝て入っているという状態です。これですと、右プッシュや手を返し始めて巻きフックなどが出やすいです。

逆に体方向に向いている場合は、カット軌道というというもので左に出やすい球筋でかぶりフックかスライスが多いです。
どちらの場合であっても修正のイメージではダウンでグリップエンドをボールに刺すイメージです。とりあえず左手小指のグリップエンドをボールに向かってダウンしてみてください。ずいぶん良くなるはずです。

東京銀座の婚約指輪・結婚指輪はシライシ
東京銀座で婚約指輪・結婚指輪をお探しなら銀座ダイヤモンドシライシがオススメ。広い店内には、婚約指輪(エンゲージリング)、結婚指輪(マリッジリング)、結婚○周年のアニバーサリージュエリーを豊富に取り揃え、それぞれに専門フロアを設けております。どうぞごゆっくりとリングをお選び下さい。

細かな技術面では、右ひじは最終的には自然と伸びるので力みすぎない、ダウンで左肩が上がりすぎ、右肩が下がるなど気になりますが、そのあたりは前傾姿勢のキープが上手くできていないとできない物で、少し別の話になります。

アダムスコット・マキロイあたりが教科書的なスイングなので、上記のチェックポイントを見てください。 しかしフューリックなど内に入れてダウンでオンプレーンに乗せる人もいますが、少数派です。

家の中でも窓に自分の体が映る場所があればウェッジなど短めのアイアンでチェックしてみては?

ゴルフスイング